◆宣伝◆ クソハード決定カードゲーム『負け組』(後編) 

それでは、大まかなゲームの流れを説明します。
画像

左側は自分のハードで発売した名作ソフト。黒数字の合計が現在のポイントです。
右が発売されてしまったクソゲー。赤数字の合計がポイントから引かれます。
・現在
名作(50)-クソゲー(30)=20ポイント

画像

イベントとさらなる妨害で、こんな事にも
名作(50)-イベント(30)-クソゲー(60)=-40ポイント
クソハードの道をまっしぐらです。

画像

高ポイントの名作を発売した相手ハードに、クソゲーを送り込んでいるところ。
クソゲー発売はダイスの判定によって決まります。
『ドツボカード』はクソゲーを発売させやすくします。
また、左端のように『ド・ツ・ボ』と揃えられてしまったクソゲーは無条件に発売されてしまいます。

画像

ラッキーカードでクソゲー発売を阻止しようとしているところです。

これらの手順を
(1)名作フェイズ
(2)クソゲーフェイズ
(3)ドツボフェイズ
(4)クソゲー判定フェイズ
(5)ラッキーカード獲得&手札補充フェイズ

の順で行い、最終的にポイントの高いプレイヤーが勝利します。
そして・・・最下位プレイヤーにはクソハードの烙印が押されます。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック