ちら裏ずむ

アクセスカウンタ

zoom RSS 菊姫 山廃純米生原酒を飲み比べる

<<   作成日時 : 2009/12/22 20:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

蔵元よりメール配信される菊姫通信にて、山廃純米生原酒の出荷が始まるとの連絡が届きました。
頃合いを見て近所の秋元酒店さんに伺ったところ「どちらが良いですか?」と予想外の問いかけが…
そりゃもちろん両方買うしかないでしょう! 

画像

ということで、新酒と今年の2月出荷の飲み比べです。

アテは近所のヨーカドーで物色してきたものとかを適当に^^
画像

総菜の鶏南蛮、牡蠣を“少し辛いラー油”でからめて炒めたもの、八丁味噌系の汁(どて焼きの汁)で漬けておいた味玉、サラダのドレッシングはまんさくの花の甘酒ドレッシング『麹's(コージ−ズ)』
濃醇な酒なのでちょいと味濃いめのものを揃えました。

9月出荷(新酒)は酸味といい口内に重く広がる味わいといい、まさに菊姫の山廃純米生原酒!
今年の2月出荷はじわりと染みいるような濃醇でありながら落ち着きのある、いい酒になっていました。

できうるなら、9月の新酒とこの2月の酒をどちらも新酒状態にて飲み比べられるならば、それはとても素晴らしかったでしょうに
哀しきかな、さすがにそれは無理な話なのですよね

9月版は生まれたての元気さからか、ぬる燗や熱燗にすると甘さが際だってしまい、冷酒や常温向きでした。
しか〜し!飛ばし燗をぬる燗くらいの温度にまで戻ったものはメチャ美味でした^^
…印象が全く変わってしまうのであまりオススメは出来ませんが、それでもうまかった!

2月版は逆に燗にすると熟成香が目立ってしまうので、最初飲んでバランス良く感じた常温あたりの温度が個人的には好きでした。
ある程度の量を飲むのなら、9月版よりは落ち着いてるので肝臓にも優しいようにも感じましたよ(NGワード:気のせい)^^

画像
最後に焼き肉。
あふれる肉汁とこのお酒の相性は抜群です!

酔った身での後片付けさえなければ、最高でした^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
菊姫 山廃純米生原酒を飲み比べる ちら裏ずむ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる